山本家のおうちごはん

春を食べる

道端のあちこちにアサツキが生えるこの頃に「ぬた」にしていただきます。綺麗な緑色が春を感じさせてくれる一品です。
採ってきたアサツキをきれいに掃除します。
一人前づつに分け、端をそろえて輪ゴムでくくり塩を一つまみいれたお湯でさっと茹でます。茹ですぎないように引き上げ、水につけず団扇などで扇いで冷まします(水っぽくなるため)
西京味噌に酢、砂糖、だし、練からしを加えてよく混ぜ酢味噌を作ります。
「アサツキのぬた」の出来上がり。
灰釉掻落耳付楕円鉢(山本教行 作)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 【2021.5/29(土)~6/7(月)開催】岩井窯 山本教行作陶展 【うつわ 暮らしの道具 テクラ】

  2. 臨時休館とまるたつカフェのお知らせ

  3. 山本教行 特別展 IN 福岡(あまねや工藝店)

  4. 大雪のため2/18(木)臨時休館いたします。

PAGE TOP