29時間

午前0時半。6日の午後7時に火入れをした塩釉の窯焚きが終わりました。1100度を超えたのが昨日の夕方5時頃。それまで順調に温度が上がっていたのが、ここから温度が上がらずあの手この手で苦戦の数時間のはじまりでした。時間がたつに連れて最後は神様に祈る思いでしたが思いが通じたのが午前0時頃。温度が1200度を超え一気に塩を投入。仕上げの薪をくべて焚き口をふさぎ終了。結局8時に終わるという当初の予定は大幅にずれました。「今回はごねたね〜」と教行氏。40年やっていても窯焚きは一回一回が初めてのことと言います。現在の2人のお弟子さんと兵庫県から駆け付けてくれた以前のお弟子さんの若い力にも大いに助けられ、いつもの窯焚き応援団の方々にも励まされ今回も無事に終わりました。ありがとうございます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 【2021.5/29(土)~6/7(月)開催】岩井窯 山本教行作陶展 【うつわ 暮らしの道具 テクラ】

  2. 臨時休館とまるたつカフェのお知らせ

  3. 山本教行 特別展 IN 福岡(あまねや工藝店)

  4. 大雪のため2/18(木)臨時休館いたします。

PAGE TOP