イベント情報

戸練ミナ重ね煮料理教室IN岩井窯より

昨日、重ね煮料理研究家の戸練ミナ先生をお迎えしての重ね煮料理教室を開催しました。予定以上に沢山の方に参加していただき、和気あいあい楽しい美味しい会になりました。
重ね煮とは…野菜の調理法は生・蒸す・焼く・煮る・揚げるなどいろいろ。中でもとびきりおいしく野菜を食べられる調理法のひとつが「重ね煮」です。鍋に野菜を層にしてズンズン重ね、水を一滴も加えないで蒸し煮にします。ひとつのお鍋の中で野菜同士を調和させるので、「にんじんってこんなに甘かったの!?」とびっくりするおいしさになります。何種類もの野菜を一度にたくさん食べられて、保存もきくのでとっても便利! 家族の健康を考える皆さんに、ぜひ知っていただきたい料理法です。今回教えていただいたのは、玉ねぎ、にんじん、きのこを使った基本の重ね煮とそれをつかったスコーン、スープ、生春巻。動物性の材料は一切使いませんでしたが野菜の甘みと旨みが効いてとっても美味しいご馳走メニューでした。鍋の材質によっても野菜の味が変わるそうで、岩井窯の土鍋、絶賛していただきました。蓋をして火にかける前に野菜へ感謝の気持ちと美味しくなるように愛情を注ぎます。土鍋で作った重ね煮とそれを使ったスコーン、生春巻き。秋晴れの気持ちよい陽気でしたのでテラスにテーブルを用意して、外で会食しました。房江さんと戸練先生皆さんの笑顔が印象的でした。野菜と向き合い、丁寧に切って、丁寧に料理をすることを教えていただきました。自然に優しい気持ちになって皆さんの表情も優しい笑顔になっていたように思いました。心をこめて丁寧に料理する、って大事ですね。相手を大切に思う気持ち、美味しく食べて欲しいという気持ちが入った料理を食べられるって本当に幸せなことです。それには使う素材に対しての感謝の気持ちを持つこともとても大切です。重ね煮を通して、食というものの大切さを改めて考えさせられる会でした。重ね煮って奥が深い。またいつかこのような会が出来るといいなぁと思っています。参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 山本教行 特別展 IN 福岡(あまねや工藝店)

  2. 大雪のため2/18(木)臨時休館いたします。

  3. 1/10(日)【臨時休館のお知らせ】

  4. 12/16(水)大雪のため、臨時休館いたします。

PAGE TOP